猫村さんと亀山さんと立花さんたちの日常(仮)

夏バテ

暑い日が続きますが夏バテしていませんか?
ライトダウンに続いて、記事にしてみました。




夏バテの理由として以下の4つがあります。

◆自律神経失調
 気温の変化に対する体温調節は自律神経によって行われます。
 気温の変化が大きい場合、また多くある場合、体温調整を繰り返すため、自律神経が疲れ、その働きが弱くなります。
 それによって頭痛眩暈食欲不振などの症状が現れます。

◆水分不足
 汗によって水分が不足することによって
  ・汗をかきづらくなり気化熱による体温調節が行えなくなる
  ・血液が濃くなり循環が悪くなる
 ことが発生します。
 また発汗によってミネラル分が外に出るため、栄養バランスが崩れます

◆胃腸の働きの低下
 水分不足の反対に摂りすぎることによって、特に冷たい水の場合は胃腸が冷え吸収されづらく胃腸に留まるため、消化機能が弱まります
 食べ合わせが悪いものとして「スイカ」と「天婦羅」がありますが、スイカの水分によって消化機能が弱まった状態では天婦羅のような油分が多い食べ物は消化しづらくなるためです。

◆睡眠不足
 一日の疲れを睡眠によって回復するはずが熱帯夜などで眠りづらくなり、疲れが取れづらくなります


それではどうすればいいか。

・気温の変化が少なくなるよう、室温と外気温の温度差を5℃以内にする。
 これによって温度変化が少なくなるため自律神経の負担が減ります。
 もし室温を上げることが難しい場合は扇風機を使ってうまくエアコンの風を循環させるか、上着や膝掛けで体温調節をするといいです。
 エアコンの温度を上げることは節約にもなるため、一石二鳥ですね。

・エアコンは冷房ではなく除湿
 湿度が高い場合いくら冷房で部屋を冷たくしても、汗の気化熱による体温調節が行えません。
 そのため冷房ではなく除湿にすることで湿度が下がるため、気化熱が起きやすくなります。

・冷たい風を続けて浴びない
 体が冷えると体温を上げようとします。
 そのため続けて冷たい風を浴びた場合、常に体温を上げようとするため、自律神経が弱ってしまいます。
 そのため2時間後に自動OFFするようにタイマーを使うといいですね。

・バランスよく水分を摂る。
 水分が足りなくても多すぎても体に悪いため、適度に水分を摂るようにする。
 また冷たい水を飲む場合は少しづつ飲むか、口に含んでから飲むようにする。

・食欲低下のときはスパイスが効いた料理を食べる。
 スパイスは食欲増進の効果があるため、カレーなどスパイスが効いている料理を食べるといいです。



夏の暑さ対策についてはまた次回の記事にて書きたいと思います。 
[PR]
by baratie2008 | 2008-08-06 23:43 | ・日常

ふたりで管理しているブログです。  ↓の[カテゴリ]か[タグ]からお好きなところへどうぞ         Σ(-∧-)
by baratie2008
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
・カメ
・ネコ
・動物全般
・植物&DIY
・日常
・旅行
・音楽
・雑感
・管理
・おすすめサイト
未分類

猫ブログ村・亀ブログ村に参加中

ご訪問ありがとうございます。
コメント、または下のボタンにより応援して頂けると、
大変うれしく励みになります!
(携帯ではポイント付かないのが難点ですが・・・)

 にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ
 にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
 にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

また他の猫やカメさんブログを見たい方はボタンをご利用ください。
たくさんの魅力的なブログに出会えると思います♪

LOVE in Action プロジェクト
献血は愛です
twitter

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな