猫村さんと亀山さんと立花さんたちの日常(仮)

献血メモ (献血から輸血されるまでのお金)


「尋常じゃない」若者の献血離れ 将来に不安、献血年齢一部引き下げ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100102-00000003-jct-soci
という記事のコメントにお金に関するものがあったので、
献血と輸血の費用について簡単ですが調べてみました。

輸血を行うためには
 献血を行うドナー
 採血業者として赤十字血液センター
 製造/販売会社の民間業者
 卸売業者の民間業者
 医療機関
 患者さん
という経路ですが、その途中で様々な費用が発生します。






◆採血業者として赤十字血液センター
 ・採血における使い捨ての採血キット
 ・看護士、医師等人件費
 ・献血ルームやバスにかかる費用
   「日本赤十字社は、献血者が来やすいところに採血所を設定するので、
    家賃が高い。
    移動採血車は、人数が集まらなくて採算が合わないような場所にも
    出している。
    離島、僻地にも出張採血をしている。献血は国民運動であるので、
    このような構造的な問題でコストがかかる。また、検査、検体保管
    などの安全対策や、全国の医療機関に届ける輸送のコストも
    かかっている。」

 ・血液検査や保管費用
   「国内にもHIVやHCVの感染者がおり、献血だから安全ということ
    はない。
    献血かどうかということではなく、検査やドナーの選択が的確に
    行われているかどうかが重要なのである。」
   「日本赤十字社では、6か月の貯留保管、全検体の10年間保管を実施
    しており、病原体の検査については血清学的検査、核酸増幅検査を
    導入している。
    100%安全でないことは承知しているが、努力はしていることだけ
    は認めていただきたい。
    また、プリオン対策については、血漿分画製剤については製造工程で
    除去されることを確認している。」



  上記のコメントは厚生労働省サイト内にある議事録
   http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/09/s0919-6b.html
  から抜粋しています。
  また、ここには
   「何故日本赤十字社は高コスト体質なのか。必要があれば国庫補助を
    すべきではないか。また、国内メーカーではこの原料血漿価格で
    ペイしているのか。」

  という意見もあり、自浄作用が働いているかもしれません。

◆製造/販売会社の民間業者
 ・研究、製造、保管、人件費など費用

◆卸売業者の民間業者
 ・保管、人件費など費用

他に
 血漿分画製剤の製造体制の在り方に関する検討会議事
  http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/11/s1101-13.html
がありますのでご参考に。


これらのことを考えると、輸血にある程度のお金がかかるのは
仕方ないかなぁ。



話しはずれるけど、こんな話しもあります。
 お米のねだんを、もっと安くできないの?
 http://www.shonaimai.or.jp/situmon/idv/d5_2.html

全農山形庄内の人、面白いな~。
でもいろいろな物の値段について考えさせられますね。

 
[PR]
by baratie2008 | 2010-01-18 23:11 | ・日常

ふたりで管理しているブログです。  ↓の[カテゴリ]か[タグ]からお好きなところへどうぞ         Σ(-∧-)
by baratie2008
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
・カメ
・ネコ
・動物全般
・植物&DIY
・日常
・旅行
・音楽
・雑感
・管理
・おすすめサイト
未分類

猫ブログ村・亀ブログ村に参加中

ご訪問ありがとうございます。
コメント、または下のボタンにより応援して頂けると、
大変うれしく励みになります!
(携帯ではポイント付かないのが難点ですが・・・)

 にほんブログ村 猫ブログ MIX縞猫へ
 にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
 にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ

また他の猫やカメさんブログを見たい方はボタンをご利用ください。
たくさんの魅力的なブログに出会えると思います♪

LOVE in Action プロジェクト
献血は愛です
twitter

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな